FACEBOOK

10月19日

治療やパソコンに集中した後は、フェイシャルトレーニングをやっています。

治療やパソコンに集中した後は、フェイシャルトレーニングをやっています。舌をグルグル回したり、頬や口周りを交互に膨らまし、顎のたるみやほうれい線を予防。私の場合、何かに集中してると顔が強張っちゃうんですよね…だから、こういったトレーニングがとても必要なんです。
ちなみに、治療中も時々マスクの中で舌で頬を押したり、口角を引き上げたりしてます(笑)
うつむき姿勢や無表情は二重顎や頬のたるみの原因になるので要注意ですよ。
矯正治療中の方にもぜひ行って頂きたいですね〜。皆さんも顔のストレッチやフェイシャルトレーニングやってみてください(^^)
私もリアルにやってます。

TOP