FACEBOOK

10月28日

前回の「舌」の話でちょっとした続きがあります。

前回の「舌」の話でちょっとした続きがあります。舌はご存知の通り筋肉のかたまりですよね。ですからこの舌骨筋群をトレーニングすればかなりお口全体が若返ります⭐︎  
たとえば、飲み込む力とか滑舌とか発音にも良い影響が出ます。さらにはよく動かして使っている人ほど頬のたるみも少なく顎のラインもシャープになります。
試しに、舌を口の中で強めに頬を押しながらゆっくりぐるっとまわしてみてください。舌の根元の筋肉がよく使われるでしょ?!顎の筋肉も引っ張られているのがわかりますね〜。上を向いてやるとさらに効果的です。

パソコンやスマホ、仕事や家事でも集中して何かに取り組むときなど、考えてみるとうつむいている時間ってすごく長いんですよね。首や肩も凝りませんか?
私は、これをどうしたらいいかと思いいろいろ自分で研究してみたんです。
結果、舌の筋肉と腹筋で上半身を支えると首に負担がかからないことがわかり、それ以来ずっとそうしてます(笑)  舌を例のポジションに置き押すように力を入れて重い頭を支え、腹筋で前傾する上半身を支える、肩はおろして首はリラックス^^
歯もうっかり食い縛らずに済むし、体幹のトレーニングにもなります。

年とともにいろんなトコの筋肉って衰えているんですよね。トレーニングしてても普段の姿勢から意識しないとダメなんだなって思いました。

ぜひ舌のトレーニングも試してみてください。

TOP