歯並び・かみ合わせを直したい

前歯のすき間・正中離開・すきっ歯専門治療

笑った時に目立ってしまう前歯のすき間。この気になるすき間をどのように直したらよいか、お悩みの方も多いかと思います。
当院では、その方それぞれの前歯のすき間、“すきっ歯”を治すためにベストな方法で行えるよう、前歯のすき間の度合いや奥歯の噛み合わせや 舌癖なども含めて診断をし、ご希望に合った最良の治療法をご提案させて頂いております。

前歯のすき間を治す方法

矯正治療

すきっ歯治療方法で、もっとも多く行われるのが矯正治療です。
矯正治療で治す場合、気になる前歯だけを直す部分矯正か、奥歯の噛み合わせも含めて行う全体矯正になるかを診断する必要があります。 たとえば、上下の前歯が前に出っぱっている上下顎前突や、上の前歯が下の前歯を完全に隠してしまっている過蓋咬合と言われる噛み合わせでは、 すきっ歯の度合いにもよりますが、奥歯も含めた全体矯正で行なう必要がある場合があります。

上だけ、または下だけのすきっ歯を部分矯正で治せる場合(あくまでも基準であり診断は個々の状態によって異なります)

  • 奥歯の噛み合わせに大きな不正咬合がないこと。
  • 重度な出っ歯でないこと
    (唇が閉じにくいほどの出っ歯の状態でないこと)
  • 骨格的な上下顎前突でないこと
    (横から見たときに重度に口元が前に出っ張っていないかどうか)
  • 進行した歯周病でないこと

上の歯のすき間

下の前歯が前に出っ張っていないこと
下の前歯が上の前歯の先端や裏側に噛んで当たっていないこと

下の歯のすき間

下のすき間の場合は、上の前歯の噛み合わせの影響を受けにくく部分矯正を行える場合が多いです。ただし、元々歯の数が足りない、隙間がある部位、量によっては、矯正で隙間が埋まりきらないこともあります。

全体矯正で治した方が良い、または全体矯正でないと難しい場合

  • 奥歯に不正咬合がある
    (奥歯の噛み合わせが悪い、歯並びが悪い、噛み合わせが極端に低い)
  • 上下顎前突のケース
    (上下ともに出っ歯で、横顔の口元が前に出ている)
  • すきっ歯で重度の出っ歯
  • 隙間がある部分が前歯の3本以上、または犬歯と小臼歯(奥歯)の間にもある場合

前歯のすき間を治す治療の矯正装置の種類

ワイヤー矯正

当院では、ワイヤー矯正治療の場合は表側に装置をつける表側矯正で行っています。
治療の特徴として、前歯のすき間を埋めるだけでなく歯がねじれている、歯並びもきれいに整えたいなどのご希望も同時に治すことができます。 比較的歯の動きが早く、歯並びとすき間が埋まってくるまでが短期間で行えるのがメリットです。ただし、表側に装置をつけるため、 人からは見えてしまうことや食事の際に物が詰まりやすいなどのデメリットもあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、隙間を埋める動きが得意でもあり、前歯の部分的な矯正にとても向いているため、 現在はこの方法が多く行われています。治療期間もワイヤー矯正とほぼ変わらないこと、歯に目立つ装置をつけなくても良いことや前歯のすきっ歯部分、 隙間を埋めたい部分だけを動かして効率よく無駄なく閉じていけることができるなどがその理由です。
治療期間は、隙間の量や歯を動かす部位にもよりますが数ヶ月から1年くらいが目安です。矯正費用はワイヤー矯正よりも、やや高くなります。 また、奥歯を含めた全体矯正の場合にも対応でき、すきっ歯に多く見られる過蓋咬合改善にもマウスピース矯正がとてもおすすめです。 当院では、歯並びやすき間、噛み合わせの状態によってアソアライナーとインビザラインの2つのマウスピース矯正から最適な方をご提案しています。

マウスピース矯正のメリット

  • 取り外しが自分でできるため、食事やブラッシングが普段通りに行える
  • 歯に目立つ装置をつけずに矯正ができる
  • ワイヤーを使わないので金属アレルギーの方も安心して矯正治療が行える
  • 口の中の違和感が少なく、器具で口の中が切れたりしない。口内炎になりにくい
  • 装置が洗えるため、衛生的
  • 痛みや違和感がほぼない。

当院では、矯正方法や装置の選択についてを患者様のご希望を優先にし、すきっ歯の度合いや歯並びの状態によって最適な方法をご提案しています。矯正治療の結果を最良にすることを優先に、費用や期間、それぞれの装置のメリットデメリットなども考慮して患者様とお話して決定しています。

セラミック治療

前歯のすき間を治す方法で、もう一つの方法としてセラミック治療があります。
セラミック治療の矯正とは違う最大のメリットは、短期間で終わること、比較的大きいすき間がある場合や、出っ歯を伴う場合にも、 前歯だけを部分的に治せることです。また、すき間を埋めるのと同時に、歯の大きさや形を変えたり、色も白くすることができます。 すき間の広さや歯並び、形の状態によってセラミック治療の方法が異なります。

ラミネートベニア法

すきっ歯治療に向いている治療法ですが、すき間の量が広くなると強度が落ちて形の付与がしにくくなるので、 比較的すき間の量の少ない場合に適応します。
自分の歯を極力残して表面だけをセラミックで覆うので、歯の裏側は今までの自分の歯のままですので違和感はありません。 しかし、下の前歯との噛み合わせの状態によっては、割れてしまうこともあるので、できるケースは限られます。
麻酔をし、歯の表面を0.5ミリほど削って、その上にセラミックのシェル(付け爪みたいな形)を貼ってすき間を埋め、治します。

メリット

  • 取歯を削る量が少なくて済む
  • 歯の神経を残せる
  • 通常、2回の通院で治療が終了する
  • 軽度の凸凹やねじれ、長さなど、歯の形も整えることが出来る

デメリット

  • セラミックを接着しているだけだけなので、衝撃が加わったり歯ぎしりのある方は、取れたり割れてしまう可能性がある
  • すき間の量が多い場合には治療が難しい
  • 今までより歯の幅が太くなる

比較的、すきっ歯治療でのセラミック法として第一選択になるのがラミネートベニア法です。ナチュラルで天然歯のような自然な仕上がりになり、かつ歯を削る量も少なく、リスクが最小限に抑えられるのが利点です。

セラミッククラウン法

歯のすき間の量が多い場合や、すき間があって出っ歯の度合いも大きい場合、 または歯自体がねじれていたり、曲がっていたりする場合にはセラミッククラウン法が適しています。 ラミネートベニアでは難しい症例にセラミッククラウン法を用いることが多いです。
ちなみに、クラウンとは,歯の全周を削って入れる被せ物のことです。(ご自身の歯の根は残ります。)前歯に用いるセラミッククラウンは、 現在、オールセラミッククラウン、ジルコニアクラウン、ジルコニアセラミッククラウンといった金属を使わないクラウンが主流です。 それぞれ材質や強度、審美性、料金が違います。下の前歯との噛み合わせの状態やすき間の量、歯ぎしりなどの有無などを考慮して どの材質のクラウンで行うかを、一人一人の歯の状態によって選びます。
クラウンで治す場合には、比較的すき間が広く、歯の形そのものを大きく変える必要があるケースに適しています。

メリット

  • すき間が広くても対応できる
  • すき間だけでなく、出っ歯も改善できる
  • 歯のねじれや曲がっている歯なども真っ直ぐにすることができる
  • 色を白くできる
  • 維持力が高いため、取れにくい
  • 仮歯で形を確認し、修正ができる。デザインの自由度が高い

デメリット

  • 歯を削る量が多い
  • 歯の角度を変えたりする場合、出っ歯の度合いと隙間量が多い場合には歯の神経を取ることがある
  • 神経を取った場合には、根の治療に加えて土台を入れて歯を補強する処置を必要とする

セラミック治療では、ラミネートベニアとセラミッククラウンを歯の状態によって組み合わせ、極力歯を削らずに審美的完成度を高めることができるのがメリットです。治療スタート前には、完成形がどうなるのかをワックスを使ってシミュレーション模型を作成し、見ることができます。そのため、最終的にセラミッククラウンが入った状態をイメージして治療に望むことができます。

セラミッククラウンとラミネートベニアで治した治療例

前歯のすき間が広く形も直す必要があったため、すき間の空いている前歯を含めて両隣の歯4本で治療を行った例です。 すき間のあった2本はセラミッククラウン、隣の2本は大幅な形の修正が必要なかったため削る量を極力少なくできるラミネートベニアで治療を行いました。 結果的に前歯4本の幅のバランスもよく、前歯の2本が大きすぎない仕上がりになりました。

コンポジットレジン法(ダイレクトボンディング法)

矯正治療やセラミック治療法のように、高額な費用がかからず、即日で終わり、最も低侵襲な方法です。綺麗にはしたいけれど、予算的に矯正や審美的な治療は今すぐには難しいが、一時的にでもすき間を埋めたい、審美治療を受ける前に低料金で隙間の埋まった状態を見てみたいなどのトライアルとしても行うことができます。

コンポジットレジン法

歯と歯の間のすき間をコンポジットレジンという歯科用樹脂で埋める方法です。
すき間の空いている部分、1歯または2歯にコンポジットレジンを接着するだけの最も簡単な方法です。 歯の色に極力合わせた色調を選ぶので、見た目の違和感はありません。即日で治療が終わり、ほとんど歯を削ることもないため、 麻酔も使わずに行えることが多いです。
ただし、すき間の量が多い場合には、取れやすかったり、形に違和感が生じることがありますので、この場合にはコンポジットレジン法は不向きと言えます。

メリット

  • 費用が安い
  • 即日で終わる
  • 歯をほとんど削らない

デメリット

  • すき間の幅が広い場合にはできないこともある
  • 樹脂の材質上、数年すると劣化するため色調の変化を起こし欠けやすくなる
  • すき間を埋めるだけで歯並びは治らない

当院では、前歯のすき間治療終了後もその状態を維持して頂けるようアフターケアに努めています

TOP