AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

5月27日

デリケートなお口の中

疲労や睡眠不足、ストレスや不規則な生活などで体調が優れないときに、お口の中の「歯」以外にも不調のサインが現れたりします。

代表的な口内炎がそうですが、それ以外によく見られるのは歯ぐきの赤みや腫れ(じんじんするような痛みを伴ったりします)、唇の裏や頬の粘膜の皮が白っぽく剥ける、歯全体の知覚過敏、などです。

 

女性の場合はホルモンバランスが影響することも多く、生理前や生理中、妊娠や授乳中にそのような症状がよく出ます。神経が繊細で、体の状態に敏感な女性のほうが、お口の中も影響を受けて変化しやすいように思います。

 

不調が出たとき、(または続いているとき)見直して頂きたいのが、まず生活習慣です。できるだけ規則正しい生活を心がけることや食事と睡眠、休息は大事です。また、体を動かすことや運動も必要ですし、ストレスを溜めないように感情表現を豊かにし、発散することも大切です!  

少々の不調であれば、生活習慣の見直しと改善でなくなることが多いです。

ちなみに唇の荒れや粘膜の皮剥け、歯ぐきの赤みや腫れは、必要な栄養素が足りてないことも原因のひとつ。

私はそのような方には、サプリメントで亜鉛とビタミンC、コエンザイムQ10を摂ることをおすすめしています。

ニキビや肌荒れがある方や疲労感の強い場合にはビタミンB群も一緒に飲むとよりいいですよ。また、女性の健康を維持するには、天然エストロゲンと言われ、大豆製品に多く含まれるイソフラボンを摂りましょう!

抗酸化作用も高く、皮膚や粘膜を正常に保ち、免疫力を上げ、細胞のエネルギーを活発にして体を元気にする栄養素です。イソフラボンは骨そしょう症予防にも役立ちます。ですから、不調がなくても予防のために、また健康の基盤を作るためにも普段から摂取しておくといいと思います。

 

健康に自信が持てると、毎日がハッピーに過ごせます☆それに、体の不調は本気で取り組めばかならず改善します!!

もしこのような症状の出やすい方はぜひ一度ご相談にいらしてくださいね^^健康へのお手伝いができれば幸いに存じます!

TOP