AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

9月23日

アンチエイジング的食生活

運動と同じくらい、アンチエイジングの基本となるのは“食事”です。たくさんのアンチエイジング法があるけれど、健康と若さを維持する基盤となるのはやっぱり『食事と運動』だと私自身は強く思います。

何がアンチエイジングに効く食事か?具体的に言いますと、『抗酸化』作用のある食品を意識して摂るといいんですよ。つまり、活性酸素による細胞の酸化をくい止める食品をよく食べることです。

ビタミンE ビタミンC、βカロテン、を含む人参やブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜、ポリフェノールを含むりんごほか、ビタミンを多く摂れる果物、お茶のカテキン、トマトのリコピン、大豆イソフラボン…などは抗酸化作用が高いことで一般的にも知られるようになりましたよね。

私も、野菜、果物、大豆製品やオリーブオイルなど、抗酸化食品は何かしら毎日食べています。あまりストイックになる必要はないですが、それでも“意識”は持っていたほうがいいと思います。

医学的には、カロリー控え目が長寿の秘訣なので、腹8分目が正解です。とはいえ、ついつい「お腹いっぱい~!」ってとこまで食べてしまうんですけどね(笑)ま、ほどほどにしましょ。

健康的な体にいいものも意識しつつ、でも食べたいものを食べたい時に!というのが私自身の考えです。マックもKFCも、焼肉も大好きですし、納豆やお魚もよく食べます。やはり食事はバランスが大切です★美食と粗食を交互に取り入れるといいのではないかと思います。

ただ、野菜不足にはならないように、人参りんごジュースは毎朝かならず飲んでます。ミキサーを使う生ジュースなので、少々手間はかかりますが、これだけは毎日続けています。超抗酸化ジュースなので皆様にもおすすめします!

アンチエイジングは1日にして成らず。日々の食生活、“習慣”が5年後10年後の健康と若さにつながります。

毎日何を食べていますか??

TOP