AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

8月23日

抗酸化美容

最近、だいぶ涼しくなってきましたが、今年も暑かったですね。夏はなんと言っても紫外線によるお肌のダメージが気になります。普段から抗酸化を意識して食事やサプリでエイジングケアをしている私ですが、夏場はとくに外側からのケアにも気をつけています。内側+外側のW抗酸化で肌老化を防止せねば!

私の場合“お家美容派”です。美容は継続が命、美は1日にしてならずと思い、やっぱり毎日のケアを大事にしています。しっかりクレンジング、たっぷり保湿が基本。時々、古い角質を落とす「酵素洗顔」をします。私の夏の定番は、フラーレンという抗酸化力の高い成分と高濃度ビタミンCが入った「イムヌ」っていう美容液。毎日た~っぷり使うのです!→松倉クリニックで購入してます。  毛穴レスでハリのある肌になるんですよ。コレ、すごいいいですよ。もちろん美白効果大ですからシミも防ぎます。しかもビタミンCの作用で皮脂の分泌を抑えて酸化を防ぐので、くすみのない状態が続きます。

秋になって「あれ、しみが~!!」なんてことにならないように毎日せっせと塗りこんでいます^^数年前までさんざん海に入っていた人の発言とは思えませんが(笑)

ちなみに美容でもやっぱり抗酸化=アンチエイジングです!酸化しないよう、つまり体の内側が、細胞が錆びないように努めることが若々しい外見を維持できる秘訣です。美容は専門ではないけれど、抗加齢医学を学んでいるおかげで医学的な美容の知識が身に付き、それが自分自身のためにもなっているのです。ありがたい...

きれいでいるための“抗酸化”、今後はもっと注目されそうです☆

TOP