AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

4月10日

歯の土台

神経を取った歯、根の治療をした後には、歯を補強するための“土台”をたてます。
神経のない歯は、血流もなければ栄養も行き届かないため、生きている歯に比べて非常にもろい状態なのです。「枯れ木」とまでは言わなくても、かなりそれに近いイメージです。神経を取っても、かなり歯が残っていて、強度も問題ないときは、土台を立てずに詰め物や被せ物だけで治療を終了することもあります。しかし、この場合は定期的なチェックが必要です。

神経を取ると、数年で色が変わってきて、段々歯が欠けてきやすくなってきます。中が黒くなってきたり、詰め物のふちが欠けてきたりします。
ですから、神経を取った歯はいずれはきちんと補強して被せ物をして、神経がなくても「長持ち」させることが大事です。

今現在、土台はグラスファイバーを使用した『ファイバーコア』が主流です。
グラスファイバーの繊維を束ねた芯棒を根の中に立ててまわりを専用の樹脂で固めて歯を補強するのです。これは本当に美しい!!私はファイバーコアを入れた歯は芸術品としてもイケる、と思います。半透明のファイバーコアは、専用の接着剤でつけると、歯と一体化して、すごくキレイなんですよ。マニアっぽくてすみません(笑)それに金属と違い、歯が着色しないし、削っても歯肉の溝に金属の微粒子が入らないので色素沈着も起こしませんし。当然光透過性です。オールセラミック治療には必ず必要な前処置ともいえます。

見た目にきれいなのもさることながら、なんと言っても「歯にいい、歯を守れる、長持ちさせられる」のが一番の利点です。
歯の硬さにほぼ等しいことと、弾性に富んだ性質上、かみ合わせの力がかかった時の歯(根)への負担が少ないのです。ですから、根も破折しにくく、歯質のうすくなった歯にも安心なんです。
たとえば、前歯や小臼歯など、根が細く1本しかない歯、歯が根の部分しか残っていなく、土台の長さを根の深い部分まで伸ばさなければならない時など...
つまり、土台を立てることも根の負担になりそうな場合、将来的に破折の危険がある歯には、ファイバーコアを選択するのがベストです。

歯も体もお肌も基礎って大事です。ここがちゃんとしていれば、いいものも長持ち。歯も長持ち。というわけです☆

TOP