AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

1月29日

抗酸化力を高めましょう

酸化ストレスとは、活性酸素、フリーラジカルによって細胞が傷害を受けて、体内で起こる酸化反応のバランスを崩すことです。つまり、細胞が酸化のダメージを受けている状態
のことを言います。体の錆びの度合いです。嫌な表現ですが(笑)

そして、抗酸化力とは、その酸化ストレスによる傷害を打ち消す力、活性酸素、フリーラジカルに対する自己防衛力のことです。簡単に言うと、老化や病気から身を守る力がどれくらいあるかということです。
この2つのバランスが健康を維持する上で非常に大切なのです。
ちなみに、酸化ストレス、抗酸化力ともに年齢性別は関係ないと言われています。
新生児に限り、酸化ストレスはほぼないに等しい数値ですが、生後1ヶ月もたつと大人と変わらない値になるそうです。
食事や環境、生活習慣が酸化ストレスと抗酸化力に多大な影響を及ぼしているということです。

しかし、活性酸素、フリーラジカルを完全に避けて生活することは不可能です。生きているだけで無理な話です。環境や生活習慣でどうしても活性酸素、フリーラジカルの害を多く被っている人たちだってたくさんいます。むしろそういった方たちのほうが多いくらいです。でも私たちには抗酸化力があるからこそこうして生活していけているんです。
だから、老化しないために、病気しないために、抗酸化力を高めることが大切なのです。

抗酸化力。凄く大事です。私自身も抗酸化力を高い状態で維持するために欠かしていない食事や生活法があるのですが、今回のFRAS4テストでその秘訣が正しいことを確信しました。
知識だけでなく、体で証明されて本当によかったと思っています。

また続きます☆

TOP