AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

9月15日

無痛治療

毎日歯科診療に従事していると、常々思うことがあります。
患者さんが「麻酔」への恐怖心が非常に強いということです。一般的には麻酔といえば「注射」ですから、これは確かに怖がられるのも無理はないですよね。

当院の麻酔は、通常の注射の麻酔と笑気麻酔とを併用して行うことがよくあります。
笑気麻酔は本当に効果が高いんですよ。
あ、よく勘違いされる方がいらっしゃいますが、これは全身麻酔みたいに意識がなくなる麻酔ではありません!
30%の笑気ガスと70%の酸素を混ぜて鼻から吸入する麻酔で、意識はあるのですが、
お酒のほろ酔い具合と似ていてフワ?っといい気分になるんです。眠くなる人もいれば、
先日は「なんか笑っちゃいます?!」と急に笑い出してしまった人も...(笑)

効果は「唾液」で分かります。リラックスしていればさらさらとした唾液がたくさん分泌されますから、それが確認できたらもう大丈夫!
注射の麻酔をしても全然痛くありません。
つまりは、気持ちがリラックスして体がゆる?くなっていれば注射は痛く感じないんです。
あと、緊張して体が硬くなったり息を止めていると、あの「チクッ」を敏感に感じ取ってしまうんです。ですから私はかならず注射の前には深呼吸をしてもらっています。鼻から大きく息を吸い、吐き出す時に麻酔液をゆっくり入れると比較的痛みを感じなくて済みます。ちなみに麻酔をすると心臓がバクバクしたり、脈が速くなったりしますが、アレは麻酔の成分の血管収縮薬の影響ですからご心配なく!!誰でも起きる現象なんで、びっくりしないで下さいね。しばらくたつとおさまります。

緊張するし、治療は怖い!!って人はやはり笑気が必要かと思います。笑気麻酔+注射麻酔。これで無痛治療が実現します。是非一度お試しください☆

TOP