AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

2月19日

私のまわりのアンチエイジングな人

私は初対面の人から「若く見えますね?!」と言われることがあります。そう言われるとすごく嬉しいので、「本当ですか?ありがとうございます!!」と答えるのですが反面「そうかなぁ??!私なんてまだまだ!」と思ったりします。
なぜなら私の周りにはアンチエイジングな人がたくさんいるからです。

そんな人たちと身近に接していると、実年齢って関係ないんだなと思います。
いくつになってもアクティブで元気で疲れを知らない人。いつも変わらない笑顔でいる人。気持ちが前向きでプラス思考の人。こういう人って本当にいつまでもいきいきしていて若々しいのです。

そしてそんな人の生活習慣をさりげなく見たり聞いたりして「やっぱりそうか」「なるほど?」などと勉強の参考にさせて頂いています。
この「アンチエイジングな人たち」の共通点がいくつかあります。
食事には気を使っていて、とくに野菜を多く摂っている。
食べ物は体に良さそうなものをチョイスしている。
お水、お茶などで水分を多く摂る。
汗をかくようなことをしていること。例えば運動、お風呂やサウナや岩盤浴など。
よく動く。(じーっとしている時間が少ない)
好奇心旺盛!新しいことが好き。
よくしゃべる!!よく笑う。感情表現が豊か。そしてマイペースでちょっとわがまま(笑)

これはあくまでも私が見ていて感じたことです。でも、アンチエイジング医学を勉強していると、このような方たちは自然とアンチエイジング医学の根拠に基づいた生活を送っているのだなぁとつくづく思います。

アンチエイジング医学では各年代において最もいきいきとした理想的な健康状態を実現することをオプティマルヘルスと言っています。→尊敬する米井先生のお言葉です!そしてその目標値であるオプティマルレンジは30歳です。この年齢は精神的にも体力的にも最も健康で美しくバランスのとれた年齢なのだそうです。それといつも実年齢より5才若く見られること。これも是非目指したいところです。

35才の私自身の目標としては、まず今の状態を40才まで保つことです。心がけしだいでかならずできる!と信じています。説得力をつける為にも(笑)頑張ります。

TOP