AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

7月9日

しっかり噛んで若顔キープ

両方の奥歯でしっかりと噛むことは、顔を若く保つためにすごーく大切なことなんです。
健康を維持するだけでなく、見た目年齢にも大きく関わっているんですよ。

噛む時、私たちは歯だけでなく口や顔の筋肉を使っています。
たとえば食事の時、目の前の相手やまわりの人たちを見てみて下さい。顔の筋肉の半分以上が動いていませんか?口の周りはもちろん、こめかみまでもが動きますよね。
たとえばパックをしながら食事をしてみて下さい。思っている以上に動いているのが
よーく分かります。取れるかよれるかで全然食べられません。

それだけ毎回の食事で筋肉を使っているんだから、食べる行為そのものが軽く筋トレみたいなもんですよ(笑)筋肉がきちんと使われなくなると、体と一緒で当然筋肉はたるみます。だから、この「奥歯でしっかり噛めますか?」ってことが顔の若さを保つのに欠かせない条件なのです!
もし左右どちらも噛むことに不具合の出ている場合、早めに治してくださいね。治療中などで一時的に噛めないほうがあるのは仕方ないですが、左右両方噛めないのはマズイです。体にも悪いです。かみ合わせに関してはまた次回詳しくお話しますが...

ちなみに当院の60代、70代の方でもお口の不具合なくきちんと噛めている方は
顔にあまりしわやたるみがなくて肌もピンと張っていますよ。見た目の若さはもちろんですが、何しろ健康。とてもアクティブで元気です。
私の夫も38歳にして虫歯が1本もなく、かみ合わせや歯周病など、何の不調もない恵まれた人なんですが、やはりしわもたるみもありません。おかげでとても若く見えます。
本人曰く「食べ物は、両方の奥歯でモグモグと筋肉をよく動かしながら食べるのが鉄則」とのこと。歯科医である彼の説得力ある一言です。

若さを保つ為に、または若返りの為に、食事はしっかり左右でよく噛んで食べましょうね!

TOP