AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

6月5日

歯の思い出

私は歯科医を志す前、高校生の時にできてしまった虫歯を数年放置していたことがあります。
何度か歯医者に通ったものの、一体どれくらいで終わるかも何をやっているかも分からないし、(今思えば根の治療でした)歯医者独特の雰囲気や臭いも嫌だし、先生はいつもマスクと眼鏡でなんだか怖いし...という理由から行かなくなってしまいました。
ようやく治療を再開したのが大学4年。さすがに歯科医を目指す者として「これはヤバイ(汗)」と先輩に治療してもらい、無事に抜くことなく私の歯は完治。見事に復活したのです!!先輩、その節は本当にありがとうございました!

しかし...長年の習慣で噛み癖がつき、虫歯のあった右側で噛むことができなくなっていました。
いつもそこをよけるように左ばかり使っていたので噛みあわせがずれ、筋肉のバランスも悪くなってしまったんでしょう。
そういえば写真を見ると首も傾いているし、口元も曲がっているような...
その時、心底放置した自分を後悔しました。本当にお恥ずかしい話ですが。
以来、かみ合わせの調整をし、いつも正しい姿勢で左右バランスよく噛むように意識し、顔の筋トレをし...
気がつくと、両方できちんと噛めるようになっていました!

今はもちろん両方の歯でバランス良く噛め、食事も美味しく食べられることができます。
「それが普通だからっ!」と言われればもっともですが、そんな「普通のこと」が不自由になることがあるんです。歯が健康であること。これは普通のことだけどとても幸せなことです。
お口の不具合がないことがどれほど素晴らしいか!

自分の痛い経験のおかげで得た歯の大切さ。
歯科医になり、自分と同じ理由で放置してしまった患者さんの歯を救った時の喜びは11年間変わることはありません。そしてそれをきっかけに治療に通って下さりお口の中がどんどんきれいになっていく様は治療している私も楽しくて仕方ありません。

歯って本当に大切です。歯、大事にして下さい☆

TOP