AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

9月29日

デンタルフロス

歯のお手入れって毎日ブラッシングだけの人が多いようですが、それだけでは、歯と歯の間の汚れって落ちていないんですよ。

着色汚れやプラーク、きっちりきれいに落とすには、デンタルフロスが必要です!

歯科医院でおすすめしているのはコードタイプのもので、20㎝くらいを指に巻き付けて使うやつです。ブラッシングの後に歯と歯の間全部に入れて汚れを落とします。

これをやるのとやらないのとでは、歯のきれいさが全然違います。もちろん、虫歯や歯周病の原因になるプラークも取り除けるし、日々蓄積する着色汚れもかなり防ぐ事ができますよ。

患者さんから、「この間の黒いのは虫歯?」と聞かれることがよくありますが、半分くらいの方が“汚れ”だったりするんですよ。クリーニングのあと、「普段のお手入れでデンタルフロスを使ってみてくださいね」と言ったところ、次のメンテナンスでは、汚れの付着がだいぶ減っていました!患者さん本人もびっくりしてました^^

ちょこっとした手間を毎日続けること。これが一番のお手入れ法だと思います。

今まであんまり使ってなかった人はぜひ使ってください。一度使うと使わずにはいられないくらい、使用後はさっぱりすっきり♩気持いい〜ですよ。

TOP