AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

12月8日

ドックベストセメント

ドックベストセメント治療ってご存知ですか?

アメリカで開発された虫歯治療のためのセメントで、ミネラルの銅イオンの殺菌力によって虫歯に冒された象牙質を無菌化、象牙質を硬くすることで、歯の神経を取らずに治せる治療方法です。詳しくはネットでも色々チェックしてみてください。

 

当院でも、症例に応じてドックベストセメント治療を行っております。すべての症例に適応する訳ではないのですが、かなり有効です。

たとえば、痛みがなくてまったく無症状だけど、虫歯が深くて神経近いぞ、といった場合はまさにコレの出番です。

従来、神経を取らなければならないケースでも、虫歯部分を少し残してこのセメントと詰め物で治療を終了することができます。痛みなく。

メリットはなにしろ痛みがない事、神経を残せる事、コレに尽きます。神経を残せるってことは、様々な歯のトラブルのリスク回避につながりますから。

デメリットとしては、痛みがすでに起きている場合には使えない、効果が出ない、ということです。あと、後々痛みが出たら再治療や抜随することもあります。

仕方ないのです。すみません。

 

ちなみに経過観察が1年くらいは必要なので、患者様にはその旨を説明し。何もその後に問題はなくても定期的なチェックはさせてもらっています。

 

 

かなりメディアでも取り上げられて、一般の方にも認知されたきた治療方法ですが、今回改めてご紹介させて頂きました。

 

できるだけ自分の歯を残して、毎日ご飯を美味しく食べられる事、しかもできれば神経を取らずに生きている歯を残せれば最高ですよ☆

そのために少しでも私たち歯医者が貢献できればとても嬉しいです。

歯ってすごい大事なんです。「生きてる」証ですよ。ほんとに。

 

本当に。。。毎日歯のことを考えてるな〜(笑)

 

そんな訳で、今月の仕事納めまであと3週間。

お休みを安心して過ごせるよう、頑張りましょう^^

TOP