AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

11月18日

ウーマンズヘルス

女性の健康、美しさを保つ秘訣で大切なのは「女性ホルモン」です。

ホルモンがアンチエイジングの要になっていることは、以前にもお話しましたが、私たち女性にとって、「女性ホルモン」は絶対に枯渇させてはならない大事な働きをしているのです!

お肌のはりや潤い、つやつやした髪の毛や爪、いきいきとした表情、太りにくい身体...

など、ホルモンの働きは女性の健康、美容と密接した関わりがあります。ホルモン分泌がきちんと行えていない、もしくは年齢とともに減少してきますと、いわゆる「老化」の兆しが現れ始めます。30代以降に徐々にホルモンの分泌量が減少傾向にあるからですが、ホルモンを活性化するよう意識した生活を送っていれば食い止められ、そのスピードを弱めることはできます!

 

それには、まず言わずと知れた「大豆製品」。大豆には女性ホルモン、エストロゲンに似た作用をするイソフラボン(抗酸化物質でもあります)、カルシウムマグネシウムなどのミネラルも含まれ、毎日摂って頂きたい食品のひとつです。

また、ホルモンはタンパク質からつくられていますので、肉や魚、もちろん大豆、をしっかり食べましょう。ちなみに気になる脂肪ですが、たとえばお肉を食べ過ぎると当然脂肪量も増えてしまいます。ただ、脂肪分をカットしすぎると肌がガサガサになるばかりか、タンパク質の量も減り、肝心の女性ホルモンも作られなくなってしまうので、お肉やお魚に含まれる適度な脂肪はとり、足りないタンパク質は大豆プロテインなどのサプリメントで摂るといいと思います。

 

 

 

 

そうそう、女性ホルモンを作るにはコレステロールが必要なんですよ。時にはこってりしたフレンチやいい油ののった焼き肉とか、見て食べて「美味しい〜♡」と思えるようなものも食べましょうね。気の合う仲間やパートナーとの楽しい食事はとくにからだにいい栄養になりますからね^^

 

あとは、「ときめき」。これも非常に大事です。周りにときめくものがたくさんあった方が女性ホルモンは刺激されます。いい香りの香水、可愛い小物、好きな男性、大切な子供、家族、やってて楽しい趣味、などなど。

 

潤いのある女性でいるために、ホルモン、意識してみましょうね。

TOP