AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

8月31日

お口の環境問題

朝起きた時や、緊張が続いた時など、お口の中がなんとなくネバネバして気持ち悪いですよね。

唾液量が減ってしまうことで、起こる現象なんですが、起床時にはとくにそう感じる方も多いと思います。

起床時にお口をさっぱりさせるには、もちろんブラッシング!!&「舌磨き」です。舌に付着している汚れをブラシで取り除くことです。

意外とやっていない方が多いみたいですが、「舌磨き」は口臭予防、雑菌の除去に効果的ですから、是非習慣にしてください。歯ブラシや専用ブラシで奥から手前に汚れをかき出すようにするとよく汚れが取れます。

ちなみにインドの医学書「アーユルヴェーダ」の教えでは、“朝の舌には体内の毒素が溜まっている”んだそうです!

とても分かる気がします^^;     ですから、デトックスの意味でも舌もブラッシングしましょう。

 

緊張時や薬剤の服用により口が渇く場合には、まめに水分を補給して乾燥状態を防ぎましょう!これはネバネバ唾液を防止します。もし、つねにネバネバ唾液の人はガムを噛んだりしてよく唾液を分泌させるようにしましょう。

口の乾燥は、口臭を発生させるほか、虫歯や歯周病になりやすい口腔環境を作ります。

お口の中も、いい環境作りに取り組むことが大切なんですよ☆

TOP