AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

2月18日

歯と口元への美意識の向上

今年に入りメディアの取材が続いています。

オーラルエイジングチェックや歯を美しく保つための方法、“美容としての歯磨き”に関してを少しコメントさせて頂いたり、口元の老化を防ぐフェイシャルトレーニング法の紹介などです。

 

先日のブログ「齋藤教授」にも書いたように、歯科のアンチエイジングの重要性を臨床現場から皆様にお届けしたいという気持ちは開業時からずーっと変わらずありますし、それを使命として診療に携わっているので、このように一般の方に情報伝達の場を設けてくださるマスコミやメディアの方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ここ数年で、歯や口元への美容意識がとっても高くなってきていて、当院に来院される患者様も「歯をきれいにしたい」という方が多いです。開業当初より美意識の高い方がより増えてきているように思います。

虫歯の治療であっても、とくに女性の方は「白いもので直したい」と言われる方がほとんどです。

個人的な意見ですが、歯科医療では見た目にも美しいものは健康も持ち合わせていると思います。たとえばセラミックのアレルギーフリーな部分や生体親和性の高さ、歯並びや噛み合わせがよいと口腔の機能向上にもつながっておいるということ、くすみのない明るい歯は表面のプラークの定着が少なく自浄性も高いこと、フェイシャルトレーニングではシワやたるみの防止だけでなく唾液の分泌量が増えること、などです。

 

 

美容のカテゴリーの中に「歯」が入ってきていること、それをメディアで取り上げるようになったことは本当にとても嬉しいことで、若さと美には口元の美しさが必須条件になってきているのだなと改めて実感しています。

というか、正直なところ、誰もが「歯の美しさは若さと美には欠かせない」ということを絶対気づく時が来るはず!と思ってました(笑)なんて^^ 開業当時は、「歯とアンチエイジングって関係あるの?」「まだ早い」などのご意見も沢山頂きました。 しかし当時から比べると、多くの人が「歯の美しさ」に目を向けているのは、なんと嬉しい事でしょうか!

ますます期待と夢が膨らむ今日この頃です☆

私も頑張って、今後も皆様の「美しい」のお手伝いを続けていきますね(^ー^)/

TOP