AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

2月7日

インビザライン マウスピースの上手なはめ方と外し方

取り外しができて衛生的、歯に目立つ金属ワイヤーや装置をつけなくていいスマートな矯正治療、「インビザライン」
当院では、前歯中心の部分的な矯正から奥歯の噛み合わせも治す全体矯正までもインビザラインで行っています。
当院で行ういくつかの矯正治療方法の中でも、インビザラインで矯正を行なっている方が多くなってきました。

インビザラインは、歯全体を覆うマウスピースで歯を動かしていく矯正治療法です。自分で取り外せるため食事やブラッシングがいつも通りできるのはとてもいいなと思います。食事の際のストレスがないのは非常に良いことです^^
何より、治療計画のゴールが3D動画で確認することができるのがとても評価の高い部分だと思います。
患者さんにも歯並びが良くなっていく過程をお見せすることができるので、矯正治療のモチベーションも上がり、お互いに頑張りましょう!!という気合が湧きますよね(笑)

一方では、インビザラインは動かない、マウスピース(インビザラインでは、アライナーと言います)が浮いてしまう、うまく入らないなどの意見もあるようなので
治療の成功の秘訣とも言える「インビザラインの上手なはめ方、取り外し方」について説明します。
もちろん、装着時間も重要で、1日の装着時間20時間を基本としますが、それだけでなく、ピッタリ浮かないようにつけているかがとても大事。ただサクッとはめるだけではないのです。

正しい装着方法
1、アライナーを歯列に合うように奥歯からはめる
  例えば、左上の奥歯からはめたら、順に手前の小臼歯、前歯、右側の小臼歯、右側の奥歯。。。といった感じで歯列に沿って順にはめていくと入りやすいです。

2、はめる際に、アライナーの内側が折れ曲りやすいので、注意してください。特に、内側に傾斜している歯の部分はアライナーのふちを巻き込んでしまいがち。ゆっくりそこから入れるようにするなど、気をつけてくださいね。

3、きちんと指でグッと押してちゃんと歯に隙間なくハマったかを確認してください。この際に、途中までアライナーをはめて半分くらいハマったら噛み込んでいれる方がいるようですが、これは絶対にNGです!!歪んだり破損の原因になりますので、必ず指で最後まではめてください。

4、装着が完了したら、アライナーチューイーを使って数十秒ギューっとアライナーを噛んでください。
奥歯から順に、特に浮きやすい前歯は、前歯の先端から垂直に力がかかるように下の前歯をちょっと前に出してギューっとゆっくり噛んでください。これを行うことで、アライナーがしっかり歯に密着し、深く入ります。
ここがとても重要です。

これがアライナーチューイー。
硬いロール状のシリコンみたいなガムみたいな物です。2個セットです。

こんな感じでギューっと1箇所20秒くらい噛みます。奥歯から前歯までギューっギューっと噛んでください。これによって歯とアライナーの空気の層がなくなりピッタリ深くハマります。

前歯は先端同士を合わせる感じにしっかり噛んでください。

正しい取り外し方

1、一番奥歯の内側または外側(やりやすい方で大丈夫です)に指を引っ掛けて下、やや前方向に向かって外してください。それだけですと、アタッチメントという歯についている補助装置がある場合は外しにくく、前歯の部分がするっと外せないので、奥歯、前歯の順に外すようにしてください。

このように、奥歯の内側から指や爪をかけるとパコっと取れやすいです。

2、注意点としては、いきなり前歯に爪をかけてぐいっと外さないことです。爪を引っ掛けて前歯から外しますと、アライナーのふちが外側にめくれてしまい、ピッタリしなくなってしまいます。歯に密着できなくなると歯が予定通りにうごかなくなリます!  外す際には必ず奥歯からです。奥歯がパコっと外れたら、前歯は指で挟んでゆっくり外してくださいね。

前歯の部分は指ではさんで下ろすように外していただくとアライナーの変形やふちが開くこともなく安心です。

3、取り外せたら、失くさないように専用ケースに入れておいてくださいね☆ 軽く水洗いできる環境であればそうしていただいた方がbetterです^^

20時間の装着時間と正しい装着で、歯は治療計画通りに動いていきます。もちろん、正しい装着が守られていても歯の動き方には個人差もあり、補助装置をつけたり、アライナーを再作成したりすることもあるのですが、正しくアライナーをはめる事は、インビザライン治療の成功の秘訣です。
治療中の患者様、これから治療予定の方、インビザラインをはじめ、マウスピース治療は何気なく行う装着方法や外し方がけっこう大事なんですよ〜。

当院では、このような装着時の注意や外し方なども治療スタート時に詳しくご説明させて頂いております。
お時間は少々かかりますが、とても大事な事なのです。

もし他でインビザライン治療を行っている方で「え。そうだったんだ!」という方がいらしたらぜひこちらを参考にして頂きたいと思います。

 世界で470万人が受けているマウスピース矯正 インビザラインについてはこちら

マウスピース矯正・インビザライン

前歯だけを矯正したい! マウスピース矯正なら部分もOK!
前歯部分矯正についてはこちら

前歯部分矯正歯科

TOP