歯並び・かみ合わせを直したい

前歯部分矯正歯科

笑顔が変わる 前歯だけの歯並び矯正

短期間で美しく、気になる前歯だけを治す前歯部分矯正

部分矯正では、前歯の歯並びだけを部分的に治すことができます。
歯を抜かず、短期間で終了するので、患者様の身体的負担が少ないのが最大のメリットです。

「大掛かりな全体矯正治療でなく、気になる前歯だけを直したい」
と思われている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
当院では、口元の印象を決める上下の前歯12本の歯並びを直す前歯部分矯正を行なっております。
ご希望や歯並びの状態に応じて様々な治療方法があり、当院では、
  • 目立たなく、取り外しのできるマウスピース矯正
  • 価格を抑えられる表側ワイヤー矯正
  • 見えない裏側部分矯正
  • 短期間で形や色も治せるセラミック矯正
   から最適なプランを患者様のご希望を伺いながらお話しして決めています。

適応

前歯に限る軽度の歯列不正、前歯の凸凹、段差がある。
歯と歯の間にすき間がある、ねじれている、出っぱっている、八重歯など。
矯正後の後戻りなどの前歯に限った歯列不正。

表側ワイヤー矯正

部分矯正の中では、他の矯正装置と比べて期間を短く費用を抑えられることがメリットです。  また、適応症例が幅広く、デコボコの大きい前歯や八重歯、内側に引っ込んでいる前歯なども比較的短期間で治すことができます。 前歯の歯並びをワイヤーとブラケットの矯正装置をつけて直します。上下または片顎だけの矯正も可能です。 歯を抜かず、歯と歯の間をわずかに削りスペースを確保しながら歯を動かしていきますので、歯並びの状態にもよりますが最短で3ヶ月から1年以内で歯並びが整います。 歯並びだけでなく歯の色やかたちなどの審美的改善が必要な場合には、ワイヤーによるプレ矯正とセラミックス治療のコンビネーション治療でより美しい口元にすることができます。

審美治療についてさらに詳しく

マウスピース矯正

歯にブラケットやワイヤーなどの装置をつけないで、目立たずに矯正治療ができます。取り外せるため、食事やブラッシングは普段通りに行え、お口の中の違和感も少なくとても快適です。 ねじれている前歯、出っ歯、隙間の空いている前歯、曲がっている前歯、矯正後の後戻りの前歯などに特に向いています。

インビザラインは、前歯の部分的な矯正にも対応しているシステムです。 上下顎の前歯、または片顎だけでも治療を行うことが可能です。

インビザラインについてさらに詳しく

裏側部分矯正

歯の裏側にブラケットとワイヤーをつけて行います。人からは全くわからずに矯正治療が行えるのがメリットです。舌感が少し気になりますが、当院ではブラケットの上に柔らかいカバーをつけて極力違和感を軽減するようにしています。裏側部分矯正は、前歯の噛み合わせの状態や歯並びによって適応症例が限られますのでご了承ください。

セラミック矯正

歯並びだけでなく色やかたちも同時にきれいにしたい、装置を全くつけずに歯並びを直したい、最短できれいにしたいという方にはスピーディなセラミック矯正がおすすめです。 歯にセラミックを貼ったりかぶせたりすることで色やかたち、歯並びを短期間で直すことができ、最短2回の通院で治療が終了します。(治療方法によって通院回数は異なります)歯を削ることがデメリットですが、時間と治療期間に制約がある方には向いている治療です

前歯だけの部分矯正治療のメリット

  • 気になる前歯だけを直せる 鏡を見るたびに気になる前歯の凸凹や出っ歯、すき間、などの「ここだけ」の前歯のお悩みを解消することができます。マウスピース矯正の場合は奥歯までを覆うかたちになりますが、ワイヤーの場合には必要最小限の部分に装置をつけて治療を行います。大掛かりにならず、リーズナブルな価格で矯正治療ができます。
  • 歯を抜かない 部分矯正の場合、歯を抜くことはありません。歯を動かしていくために必要なスペースは、歯列を広げたり、歯と歯の間をわずかに(0・2ミリ〜0・5ミリ程度)削りながら作っていくことで歯を理想的な位置に動かしていきます。
  • 短期間で歯並びが綺麗になる 前歯に限る矯正のため、歯を動かす部分が少なく全体矯正に比べると比較的短期間で矯正治療が終わります。歯並びの状態にもよりますが、おおよそ3ヶ月〜1年くらいで終了することが多いです。
  • 治療費の負担が全体矯正よりも少ない 下の全体矯正よりも治療費の負担は少なくなります。詳しくは矯正治療費をご覧ください。

“前歯の歯並びだけを治したい”でも、部分矯正が適切ではない場合もあります。

前歯部分矯正治療では、気になる前歯だけを部分的に、料金も抑えて治すことができるのが最大のメリットですが、奥歯を動かさずに行うため、歯を動かす範囲にどうしても制限が出てきてしまいます。前歯だけで歯を動かす範囲がかなり大きくなると、歯周組織への負担や歯を削る量も増え、歯の健康を損なうリスクも生じてきます。 また、奥歯の噛み合わせが良くない場合や、歯列不正の原因が口元の骨格的な問題に関係してくる場合には、部分的な矯正では、患者様のご希望通りのゴールが望めなかったり、後戻りの可能性が大きくなることもあります。 そのため、当院では、部分矯正をご希望の患者様にも奥歯までを含めた全体的な歯並びと噛み合わせを診断し、部分的な矯正が可能かどうか、部分矯正で治せる範囲や、または全体的な矯正が適している場合には、その理由についてもご説明させていただき、その患者様にとって最適な矯正治療方法や矯正装置をご提案させて頂いております。