前歯セラミック治療の症例

1.術前、患者様のお悩みは、中央の前歯3本の差し歯の形が不揃いで、歯が短く見えることでした。また、差し歯を入れてから歯肉が赤く腫れているのが治らないとのこと。今回、差し歯の交換と同時に歯肉の高さとラインも整えたいとの希望でした。写真は初診時。差し歯の長さと形がアンバランスで差し歯の境目の歯肉の発赤腫脹が見られました。スマイルの口元を見ても段差が目立ちますし、隣の歯の詰め物も不適合なのがわかります。差し歯部分に限って歯肉の腫れや赤みがある場合、差し歯そのものの形や差し歯を入れるための歯の削り方に原因があることが多いです。

2.カウンセリング後、前歯3本の差し歯の交換と歯肉形成処置、詰め物の不適合な歯も含めて前歯の形と歯肉の高さを揃え、4本のジルコニアセラミッククラウン治療に決定しました。土台も古い金属のものが入っていたので、根の破折を起こしにくいグラスファイバーの白い土台に変えました。

3.プロビジョナルレストレーション(仮歯)で、歯肉形成後のラインを整えて歯肉を安定させます。歯肉形成術は非常に難易度の高い技術ですが、緻密に行うことで、綺麗なガムラインが作られます。この時点で歯肉の腫れはなくなり引き締まってきているのが分かります。歯肉の高さも揃い、前歯の理想的な縦横比にすることで前歯が美しく見えます。

4.プロビジョナルレストレーション時に、本番のセラミックの歯をイメージして細かい形態修正を行ったり左右のバランスを整えたりして、理想的な前歯の形に仕上げていきます。そのため、本番のセラミッククラウンと仮の歯のイメージとのギャップが起こりません。

5.また、セラミッククラウンの色を白くしたい方には、この時点で周りの歯をホワイトニングして色調をより明るく白くします。そして明るくなった周りの歯の色と調和するように、シェードテイク(色調合わせ)を行います。当院のシェードテイクでは、透明感が高く、豊富な色味が揃う陶器メーカーのNoritakeのセラミックス用シェードガイドを使っています。

6.術後、最終的に入った4本のジルコニアセラミッククラウン。従来のセラミッククラウン治療で多く使われていた金属フレームではなく、白いダイヤとも言われるジルコニアを内側のフレームに使うことで、歯肉との境目も黒く見えず、歯自体にも天然歯同様の透明感が出せるため、とても自然な仕上がりになります。 歯肉も綺麗に引き締まり、長さのバランスも良くなりました。

7.スマイルの口元。以前よりも歯が見えていて口角の上がった綺麗なスマイルラインになっています。気になる部分がなくなると自然とスマイルが美しくなるのですね。

※この治療は、前歯4本をプロセラジルコニアクラウンを使用して行いました。ホワイトニングは行なっていません。

元のページへ戻る