AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

12月6日

前歯の歯並びを直す方法 部分矯正orセラミック治療? vol.2

前歯の歯並びを直す際に、矯正装置を使って自分の歯を動かす「部分矯正」に対して
前歯にセラミックを貼ったり、被せたりすることで歯並びを直す方法もあります。この治療法はセラミック矯正とも言ったりします。

歯並びを直すだけでなく、色や形も同時に綺麗にすることができるのが、セラミック治療のメリットであり、部分矯正との大きな違いです。

当院では、セラミック治療で歯並びを直す場合、おもに、被せ物のセラミッククラウンや、セラミックの薄いシェルを歯の表面に張り付けるラミネートベニアのいずれか、または両方を組み合わせて行うことが多いです。また、隙間をうめたり、長さを足したりとほんのわずかな部分の調整なら、セラミックよりも低侵襲のコンポジットレジンも組み合わせたりもします。どの材料、治療法を選択するのかは、歯の状態や前歯の噛み合わせ、歯並び不正の度合いなどによって違いますが、治療後の長期的安定が望め、かつ可能な限り低侵襲なプランを考えてご提案させて頂いています。

セラミック治療(セラミック矯正)とは?

○前歯の歯並びを、矯正装置やマウスピースをつけないで、短期間で直すことができる。
○歯の真ん中があっていない、とか、歯並びも直したいけれど歯の色や形も綺麗に変えたい、などの「歯並び」だけじゃない問題もある場合に同時に直すことができる
○歯を動かさないため、矯正治療後の保定装置を必要としない。
○歯の動きに任せることなく予定通りに進められ、仮歯やシミュレーション模型で最終形を見ることができる。

●歯を削る。歯並び不正の度合いによって、歯を削る量が多くなる場合には神経を取らないといけない。
●歯ぎしりやくいしばりがある方は、セラミックが欠けてしまう可能性がある。

矯正とは違う、絶対的に外せない処置は「歯を削ること」です。歯そのものの形や並びを変えるため、歯を削らないとその形にできないからです。歯並びの状態(たとえば出っ歯さんや歯の向きがかなりねじれているなど)によっては削る量が多くなるため神経を取る場合もあります。
歯を削ることが避けて通れないのがセラミックで直す場合のデメリットです。

神経をとったり、歯を削ることは歯にとっては大きなダメージになります。歯の健康寿命の維持、歯を削ったり、神経を取ったりした後のリスクを考えると歯をできるだけ削らずにいられたらそれに越したことはないのですが、形を変えたり歯並びを整える上では、どうしても仕方ないんですよね。。
だからこそ、セラミック矯正を行う場合には、ご本人が希望される際にも事前の診断をしっかりすることがとても重要です。

その方にとってセラミックで直す事のメリットが歯を削るというデメリットを上回らないといけないですし、歯肉や歯並びの状態から診断して、セラミックで治すことでのリスクが高い場合には、事前矯正を行った上でのセラミック治療をご提案することもあります。

セラミック矯正が向いているケースとしては、例えば、わずかな歯列不正に加えて詰め物の跡が目立っている歯や前歯が大きい、短い、先端が欠けている、などの形そのものの問題がある場合や色調が暗いなど、ホワイトニングでは効果の出ないような色調改善を必要とする場合などです。セラミック治療の優れている点は、歯列不正と形や色が一気に綺麗になるという嬉しい結果が得られること。
歯並びの整った白く透明感のあるつやつやした前歯は最強に美しく、そのインパクトはセラミックならでは。汚れがつきにくいのも良いところですね。
ちなみに、すきっ歯さんや出っ歯さん(重度でない場合)も比較的向いていますが、天然歯(自分の歯)の方で歯の色や形自体を削ってまでの改善が必要なさそうな場合には、マウスピース矯正が良いのでは?と個人的には思います。

当院では、カウンセリングの際にご希望の方には削って治すとどんな感じになるのか?をわかりやすく見ていただくためにシミュレーション模型を作って見て頂くんです。
歯の形や幅が変わるため、本当にイメージ通りになるのか、見ておかないと不安ですよね?(笑) それを見ながら再度お話を詳しく行い、ご納得頂いたらようやく治療スタートになります。他にも色々と選択肢はありますし、「こうでないといけない」はないのでご安心ください^^

セラミック治療は、“矯正装置はどうしてもつけられない、多分自分は無理そう。それに早く直したい” と希望される方に向いている治療法です。
また、歯の状態やご希望等を伺い「これだったらセラミック治療の方がいいのではないか?」の場合にはカウンセリングの際にもご提案させて頂いています。

前歯の歯並び矯正、マウスピースまたはワイヤーで直すか?セラミックが良いか?
お悩みの方はまずは相談してみるのが良いですよ。

患者さん一人一人のご希望や歯の状態が違うので、治療法はそれぞれ選択肢がございます。
ですので、当院の場合、セラミック治療はとくに事前カウンセリングを重要視しており貴重なお時間を通常1時間ほど、そして治療プランの変更案があれば再度カウンセリング(お話だけ)と二度足を頂くこともあります。
しかし、患者様の大事な歯を削り、ご満足頂けるような結果を出すという責任がありますので、カウンセリングのお時間を十分に取らせて頂いております。ご理解頂けますと幸いです。

前歯の歯並び治療、お悩みの方には参考になったでしょうか?  部分矯正やセラミック治療で前歯が綺麗になると毎日鏡を見るのが楽しくなりますよ♪
治療には時間もお金もかかりますから、後悔しないようにじっくり検討してすすめてくださいね。

こちら、シミュレーション模型のサンプルです。「セラミックで直すとこうなりますよ」がイメージできるものです。
たとえば2本で直す場合、4本で直す場合と比べてみたり、形をクッキリみたい場合はグレーワックスで作ってみたりと様々。


たとえば、術前術後の歯の形を確認できたりします。ラミネートベニアで行なった場合のシミュレーションです。

こちらは歯ぎしりや食いしばり習慣がある方や前歯の噛み合わせの関係で、セラミックが欠ける可能性がある方にお渡ししているマウスピースです。就寝時に使用して頂きます。セラミック治療後の長期的安定とセラミックの保護のために必要です。

前歯の治療法、セラミック治療ならこちら

前歯審美歯科治療

ご相談はネットから24時間受付ています

診療予約・矯正無料相談