AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

10月4日

見違えるほど綺麗な前歯に

神経のない歯は、数年経過するとだんだん色が濃く茶色くなってきます。それは、神経を取ることで同時に歯への栄養や血流がなくなってしまうからです。植物で言うと枯れ木になてしまったのと一緒です。
ですから、何年もそのままの状態でいると歯が割れたり折れてしまったり、表面にヒビが入ってしまったりと、色調が悪くなるだけでなく、いろいろなトラブルが起こることがあります。

もし、歯の土台が入っていなかったら、早めに治療を進めることをお勧めします!
当院の場合は、グラスファイバーという歯の根っこが折れにくいメタルフリーの土台で歯を補強し、周りを削って被せる「クラウン法」で治療することが多いです。
補強しておくだけでも安心ですが、歯質が残った状態で(全部かぶせないで)数年経過した歯が割れてしまったりするのも見ていると、やっぱり被せるのがbetterなのかなと思います。ケースバイケースですけれど。

前歯に関しては、強度だけでなく審美的にもジルコニアセラミッククラウンなどの良い材質で治すのが断然オススメです。「良い材質」とは、金属を使っていないこと、かつ透明感の出せるセラミックスで強度もあるもの、のことです。
そうなると今では
ジルコニアセラミッククラウンが最強でしょう。 割れやすい部分はジルコニアで、表側表面は透明感の出せる陶材でできているものです。
当院では、ジルコニアだけで作れる「フルジルコニアクラウン」も前歯に使用しています。かなり透明感が出せるものがあり、これなら審美的にもokということで、色調が合わせやすい方や、ブリッジでなるべく軽量にしたい場合などはこれを使用します。

と。前置きが長くなりましたが、こちらの写真も神経のない歯に土台を入れてクラウンで被せて直しました。ちなみに、向かって左側の古く変色している詰め物はフィルテックコンポジットレジンで即日で治しています。自費のレジンはかなり色出しが上手くでき、
審美性も良く、うちでは多用してます。 余分に削らなくていいので、そこもメリットです。 ホワイトニングも行っていますのでより綺麗になりますね〜。

前歯が綺麗になると、笑顔が増える、自信が出る。「よ〜し!」みたいな感じで何かと意欲的になったりするものです。
きっと歯磨きも楽しくなることでしょう。

メンテナンスを続けていくとこの綺麗が長続きしますよ。

前歯、何かとお悩みのある方は是非一度ご相談ください。
予算やご希望を伺い、最適なプランをご提案いたします^^

img_7138img_7139