AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

2月19日

若々しいお口の秘訣

オーラルエイジングチェックで、実年齢よりも10歳も若い機能年齢をお持ちの患者様がいらっしゃいました。
唾液量も十分で、非常に良いお口環境にある方でした。  良い結果が出ると、説明する私まで嬉しくなってくるものです。
おそらく、表情筋をよく使われているのでしょうね。
よく笑い、よくお話をされていらっしゃる方は、口角も上がってとてもきれいな表情をしている方が多いんですよ〜^^もちろん男女問わず、年齢問わずです。
私も、仕事のときは1日中話しているためよく口を動かしているな〜と思いますが、じーっとPCに向かっている時も、時々顔を動かしたりしてなるべく表情筋を動かすように意識しています。地味な努力もチリツモです。

若々しいお口の持ち主はたくさんいらっしゃいますが、やはり、舌やお口周りをよく動かしている方に多いのかな〜という印象があります。ちなみに、
トランペッターやサックス奏者の方は、舌が鍛えられていて素晴らしいです!
たとえセルフケアが十分でなくても(笑)唾液の分泌量が多い方は自浄作用や抗菌作用が十分に発揮されるので、ラッキーなことに虫歯や歯周病にもなりにくいですし、ドライマウスのリスクもほとんどないでしょうね。恵まれてますね〜!
しかし、そうでない方も習慣を変えたり意識してケアを行っていけば必ずお口の若さは取り戻せますよ。
若々しいお口を保つ秘訣はまず毎日のブラッシング習慣、定期的なクリーニング、そしてお口をよく使ってあげることです。姿勢を正しよく噛んで食べること、たくさん笑ってよくお話をする。口を動かす。それだけでも表情筋はかなり鍛えられます。
日々意識していくこと、あきらめないことが大事です。

今すでにこの習慣がついている方も、若々しいお口をキープしていけるようこれらの意識を忘れずに!