AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

1月28日

うつむき姿勢に注意

診療していると、うつむいて神経集中している時間が続くんですね。ほぼ1日中同じ姿勢で首は前傾、肩も丸めるので、血流も悪くなってしまうんです。

そのせいで、夕方になると顔が下がってくるんですよ((((;゚Д゚)))))))

ですから、血流改善とたるみ解消のために仕事の合間に肩や首、背中のストレッチや表情筋をよく動かしてあ、い、えーとかトレーニングをするようにしています。背中をぐいーっと伸ばして肩甲骨を寄せるストレッチと頬の筋肉がピリピリするくらい行う表情筋トレーニングをやっただけでもくすみもとれて顔が引き締まるんですよ。→やってみてください^^

しかし、うつむき姿勢が続くことでの顔のたるみは筋肉だけの問題ではなくなります!((((;゚Д゚)))))))

うつむいている時間が長く、しかもそれが毎日のこととなると上顎骨、頬骨が下前方に下がってきて目も開きにくくなったりするのです。顔面ならず頭蓋骨までゆがみが起こることもあるそうです。

そうなると、どんなに筋トレをしてもリフトアップエステをしても骨格からゆがみがあったら効果減↓ですよね。

顔のたるみが気になる方は骨格にも原因があるかもしれませんから、骨格から改善することをおすすめします。

私は島野先生に骨格矯正をしてもらっているのですが、施術直後はびしっとリフトアップされてフェイスラインもくっきり、目もすっきりです。血流、リンパの流れがよくなるんでしょうね。いつもこの顔で取材撮影に望みたい。。。と思うくらいです(笑)

たるみ予防の毎日の努力としては、表情筋トレとこめかみから頭頂部にかけてを斜め上に指圧。

また、うつむき姿勢が続いたら、1日5分、首の後ろに丸めたタオルを入れて前側を伸ばすようし、頭をぐーっと後ろに

倒して休息させるといいみたいです。

毎日のちょっとした習慣でたるみ予防ができます。うつむく作業が多い方はぜひやってみて下さいね^^