AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

3月15日

歯を削らないブリッジ

歯を失ってしまった部分をどうするか。お悩みの方も多いのではないでしょうか?
ブリッジやインプラント、義歯。。。と選択肢はおおよそこの3種類になるのですが。

インプラントは外科手術が必要になるしちょっと怖いな〜とか、ブリッジだと歯をたくさん削らなきゃならないし、義歯は取り外しをしないといけないし、、、とそれぞれの治療のデメリットによってなかなか治療の踏ん切りがつかなく、長年そのままになっている方もいらっしゃるかと思います。

その中でも奥歯を失った際、インプラントはしたくない、または骨の量に問題があってインプラントができない場合にはブリッジか義歯かになってきますが、できれば義歯じゃない方がいいな、という方にオススメなのが「歯を削らないブリッジ」です。
ヒューマンブリッジと言うのですが、当院では、時々このヒューマンブリッジで治療をすることがあります。

歯を削らないため麻酔も必要なく、治療回数が2回で済みます。
歯のない部分の隣の歯に金属を接着して、欠損の部分にはダミーのセラミッククラウンが入りますので、通常のブリッジ同様に適合もよく義歯よりもしっかり噛めます。

強いて言えば、金属が割と幅広く歯の周りを囲むので見える部分には不向きかなと言うところがデメリットでしょうか。
でも、欠損部分が一番奥の歯や、奥から2番目までなら金属が人からはほとんど見えないのと、いわゆる有害ミネラルの原因になる銀やパラジウムを使わない白金、金が主体の金属を使用しているため金属アレルギーを起こしにくいです。何よりも、自分の歯を削らずにできるのがこの方法の1番のメリットです。

特に、一番奥の歯が失ったままで年々も過ごされている方も多いと思いますが、実はその1本でも噛み合わせやお顔の筋肉のバランスに関係します。長い間でみれば顔や口元の歪み、噛み合わせのズレを起こしたり、お口の機能の低下や老化にも繋がってくる場合も多いので、やはり失った歯がある場合には、絶対治療した方が良いのです。

今までは、一番奥歯を失った場合インプラントや義歯、またそのまま放置。。。しかなかったのですが、このヒューマンブリッジを取り入れたことで一番奥歯の治療法にも選択肢が増えて、インプラントではなく歯を削らずにできるなら、と、これで治す方も増えています。

歯の状態を診ますと、ヒューマンブリッジが適応するしないが診断できます。ご希望の方はぜひご相談くださいね!

上の一番奥の歯がない場合に入れるヒューマンブリッジ。歯を削る「延長ブリッジ」に比べて歯への負担がほとんどなく、2次虫歯のリスクもほとんどありません。噛み心地も良いそうです。噛む面から見るとこんな感じです。一番奥はセラミッククラウン。手前の2本の歯に金属が接着されています。

様々な治療法をご提案いたします。
http://www.a-a-d-c.com