AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

5月26日

美しい人はみんなコレをしています。

当院で、かなり多くの方がしているアレといえば。。。審美歯科?矯正?ホワイトニング?
もちろん、これらの治療もそうですが、実は地味~に浸透している治療は「マウスピース療法」
なんです。症状の緩和や予防、歯の保護、健康維持や美容効果。。のためにマウスピースをしている方がとても多いです。

当院のマウスピースはただ歯型を取ってそれに合ったマウスピースをお渡しするだけではありません。

マイオモニターを使用して、機械的に顎の周囲の筋肉をリラックスさせ(これがなかなか気持ちいいのです)
その方の顎の安静位置でマウスピースが安定するように作るものです。ですから初回は調整まで行うと少々お時間を頂くのですが、ここをしっかり行うことが効果的なマウスピースを完成させる秘訣となります。

こうして作られたマウスピースは、歯ぎしりや食いしばりによる歯への負担を軽減して、歯や歯を支えている骨、歯周組織を守ってくれます。
それに、歯を守るだけでなく、寝ている間の歯ぎしりや食いしばりなどですでに起きている辛い症状(頭痛や肩こり、首のはり、凝りなど)も和らぎ、
または全く症状がなくなったり、口元のゆがみさえ改善してくれる、すごいヤツなのです。ちなみに当院では、セラミックの前歯を入れている方にもこちらを入れていただくことが多いです。奥歯の噛み締めで前歯にも影響が出ることもあるので、セット後のトラブルを極力避けて、長期的に綺麗な状態をキープするためにもマウスピースはとても有効です。

それから、食いしばりによってエラが張っている方にも非常におすすめです。すでに硬くなっている咬筋の張りがある方はボトックス治療との併用が
効果的ですが、まだそこまででないけど起こり得る症状を回避したい、歯が動いてしまうのを予防したい、なんて方にはマウスピース療法がよろしいかと思います。

実際、聞いてみるとかなり多くの方が歯ぎしりや食いしばり、奥歯の噛み締めの自覚があるんですよね。一時的なのであればまだしも、日常、習慣性に歯ぎしりや食いしばりをして入ればどこかに弊害が出てもおかしくはありません。ですから、私たちの健康と質の良い睡眠、大事な歯のために、そして顔のゆがみを起こさないためにも、持つべきものはマウスピース?!
きれいなお顔を保つのにも必須アイテムともいえるのではないでしょうか?

個人的には、フェイスラインをすっきりさせるのにも効果があるような気がしています。
低めの枕かタオルで首を前傾させないようにして、マウスピースをして寝ると顔のむくみも起こらないんですよ。顎や首が楽な位置にあると噛み締めが起こらないため、首のリンパが詰まらないからなんじゃないかと思っています。

自覚症状のある方は、ぜひご相談ください。何か起こる前に予防することって大事です。

歯ぎしり・食いしばりに悩む方にはマウスピース療法があります

歯ぎしり・食いしばり治療

表情筋トレーニングにも効果的!マイオモニターとは?

歯ぎしり・食いしばり治療