AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

10月31日

歯のメンテナンス

先日、ランチを食べていたら隣で20代くらいの女の子たちが「歯」の話をしていました。虫歯がないから歯医者にあんまり行ったことがないんだけど、検診とかしたほうがいいかな〜?!メンテナンスもしたいんだよねとのこと。

思わず「絶対やったほうがいいよ!!」と会話に乱入しそうになりました(笑)
もし、虫歯がなくて不具合もなくて、自分でみても歯がきれいだったとしても最低6ヶ月以内に1回はメンテナンスや検診、歯のクリーニングはしておきましょう。さらに歯を健康にきれいに保つのであれば3ヶ月に1回が理想的です。定期的に2〜3ヶ月ペースでお手入れをしていると本当に歯がきれいでツヤツヤになり、唾液もさらさらしてくるし、お口の中がとても気持ちのいい環境になりますよ。

多分なんにもないだろう、と自分で思っていても案外歯と歯の間や見えない部分に小さな虫歯があったり、奥歯の歯周病が進んでいたり、昔治した詰め物が古くなって不具合を起こしていたり。。。と歯石や歯垢がたまっている以外にも何かしらトラブルの種があったりするものです。

だって、歯、お口の中は毎日食べたり飲んだりして酷使されていて、時には歯ぎしりや食いしばりもあったり、なおかつ体調や生活の変化によって唾液の自浄作用だって日々変わっているのですから、あってもおかしくはないですよね。

歯のメンテナンスにはクリーニングだけでなく、たとえばホワイトニングのアフターケアや歯周病の予防改善のための歯肉マッサージ、噛み合わせのチェックなど行うことは色々あるので、定期的な検診ってすごく有効なのです。

久しぶりに行ってみようかな〜と思った時が行きどきです。
歯をきれいにして気持ちもすっきり。歯を見せて思い切り笑いたくなるくらい気分もあがりますよ。
普段の歯磨きでは得られない仕上がり(笑)プロのメンテナンス大事です。