AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

4月1日

“インビザラインフル”と“インビザラインライト”の違い

“取り外しのできる透明のマウスピース矯正” インビザラインで矯正治療を行う場合に、
インビザラインフル とインビザラインライトがあるのをご存知ですか?  

矯正費用にも差があるため、この2つの違いは何?と思われている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回はインビザラインフルとインビザラインライトについてお話しさせて頂きます。

インビザライン矯正は、治療計画に合わせて作られたマウスピース(アライナーと言います)を患者様がご自身で10日から2週間毎に取り替えていき歯を動かしていく治療法です。食事やブラッシングの際に取り外しができますが、1日約20時間の装着が必要になります。

歯並びの状態によって、数枚から多い方では50枚以上ものアライナーを使って矯正をすすめていきます。歯が動いていく速度、量はある程度決まっているので(年齢が若いほうが早いなどの個体差、年齢差はありますが)当然、歯並び不正が大きい場合、理想的な歯並びになるまでに歯を動かす量が多ければアライナーの枚数も増えるというわけです。

つまり、アライナーの枚数が多いほど治療期間は長くなります。2週間ペースで進めた場合、例えば24枚で終了する治療計画だったら約1年の治療期間になります。もちろん治療計画と歯の動きは精密に重ならない場合もあるため矯正治療期間には個人差があります。

矯正治療期間=アライナーの枚数 と思って頂けると分かりやすいかと思います。
それを踏まえてフルとライトの違いを説明しますと…

インビザラインフル

インビザラインフルは、製作できるアライナーの枚数が無制限なので上下全体の矯正が必要な場合に適しています。
例えば、前歯だけでなく奥歯の不正咬合(良くない噛み合わせ)も含めて治す場合、上下の前歯の凸凹が大きい、噛んだ時に歯の真ん中が合っていない、ズレている、奥歯の噛み合わせが良くないなど、部分的、短期の矯正では治す事が難しく期間的にも時間がかかる方はインビザラインフルでの治療になります。

料金は各医院で違いはありますが、おおよそ70万〜120万くらいと、通常、矯正治療を行う場合の一般的な料金になります。
期間や費用もかかりますが、治療計画に十分なゆとりが持てたり、治療が始まってからでも治療経過に応じて計画変更が可能であったり、もし途中でアライナーが合わなくなったり歯が計画通りに進まない場合の再製作なども5年以内であれば追加料金がかからず、初めに提示した費用を超えることはありません。(当院の場合)治療プランの自由度が高く守備範囲が広いと言えます。
全体的な矯正を必要、またはご希望の場合には基本的にはインビザラインフルで矯正治療を行うことが多くなります。

インビザラインライト

インビザラインライトは、治療計画が14枚のアライナー(治療期間約7ヶ月)で終了するような症例に適応します。万が一合わなくなった場合に1回は再製作ができる保証があるので、順調に14枚まで進んだ場合に若干歯並び不正が残った場合や再度の矯正治療継続が必要な場合にはこちらを利用することも可能です。上下両方でも上下のどちらかだけでも行えます。
ただし、基本的にはやはり14枚で気になる部分の歯並びが治る計画でないとインビザラインライトでは行うことは難しく、つまり比較的軽度の歯並び不正じゃないとこのコースでは無理が生じます。治療計画変更が出来ないことも、制約がかかるという意味ではデメリットになるかと思います。
ですので、途中での治療計画の変更が必要のない、前歯に限った部分的な矯正を行う場合にとても向いています。
たとえば
○前歯のすき間をうめたい
○前歯の凸凹が気になっている、ねじれている(曲がっている)、ちょっと前に出っ張っている
○前歯が少し重なっている
などのお悩みに適しています。

一見ほんのちょっとの前歯の歯並び不正に見えても、奥歯や前歯の噛み合わせに問題があるとライトでの治療は厳しいこともありますので、正確に適性するかどうかは検査後の診断になりますが、もし14枚でおさまるような治療計画にできる場合にはインビザラインライトはとてもおすすめです。料金もフルに比べてかなり抑えられるので大掛かりにならずに矯正ができます。

ちなみに当院では、患者様の歯並びの状態によってはフルとライトの両方の治療計画を立てて3D画像で比較して決定することも行なっています。枚数の制限がある中で行う場合とそうでない場合との治療計画でご満足いただける結果になる方ですすめていけるとベストです。

マウスピース矯正をご希望の方は、ぜひ一度ご相談ください^^

こちらは前歯のねじれとすき間があり、一見するとそこまで大きな問題がなさそうですが噛み合わせのズレで歯の真ん中があっていません。できるだけ歯を削らずに治したいこととズレを改善したいとのご希望でしたので、インビザラインフル のプランで行いました。

治療後です。細かい部分まで調整を行い、約2年半で終了しました。右上の咬耗していた前歯はレジンの詰め物で長さと形を補正しました。

正面から見て左側の前歯が曲がっているのと、横の歯が重なり凸凹になっています。こちらはインビザラインライトで行っています。

治療後はまっすぐに揃い凸凹も解消しました。スマイルの口元も左右対称にバランスよく見えるようになりました。9ヶ月で終了しています。

最新の矯正システム。マウスピース矯正、インビザラインならこちら

マウスピース矯正・インビザライン