AA歯科恵比寿の院長Dr小川ブログ

3月28日

前歯の短期矯正

今回は、歯を抜かずに前歯の歯並びを治す「短期部分矯正」についてお話しします。

唐突ですけど(笑) 先日、矯正の症例写真を整理していたら、ブログでお話しをしたくなった次第です^^

矯正相談で、「前歯の歯並びを直したい、できればあまり大掛かりにならずに」というご相談が多いのですが、その際にはこちらの”短期でできる部分矯正”をおすすめしています。

 

もちろん、これができる場合とそうでない場合があるので、患者様がすべてこれに適応するとは限りませんが、奥歯の噛み合わせの不具合や顎の不調がなく、安定して噛めていて歯科的に見てもそこまで奥歯の矯正を必要としないのであれば、前歯部分矯正がbetterではないかなと思います。

メリットとしては、早く終わる。上下奥歯までガッツリ装置を着けなくてよい、歯を抜かない、全体矯正より費用がかからない。 です。それに何よりeasy! なのがいいところですね。ワイヤーを使う矯正なら、表側のほうが裏側より矯正中のストレスはないし装着感はラクです。

ただ今はどちらかというと矯正装置が見えない裏側矯正やマウスピース矯正が人気ですね〜。矯正装置や方法の選択は、患者さまご自身の希望と生活スタイルに合わせてよく考えて決めるのがベストです。

 

ただ、歯を抜かないってことは歯を動かすスペースが限られてしまいますよね。歯と歯の間をわずかに削りながらスペースを確保していくので、その分で可能な限りの歯列矯正にはなってしまいます。ですからたとえば「すごい八重歯」とか「あまりにガチャガチャの歯並び」だと、部分矯正ではかなり難しいんですね。でも今よりは良くなって完璧でなくてもいい、歯を抜かずにできる限りでOKというのであればできないことはないです。反対側の前歯との兼ね合いもありますので、そこは上下の噛み合わせの具合を見て解決策を提案させていただいております。

 

あと、年齢的に今更矯正は。。。と諦めてしまう方も多いですが、実際当院では40代後半以上の方でも矯正治療をされていますよ。その場合にはとくに、歯周病が悪化しないよう、またそのリスクを軽減するよう注意をしながら治療を行っていくことが重要です。

 

矯正の決断は勇気もいるでしょうが、前歯の部分矯正でしたら比較的楽に、そこまで大掛かりにならずにできることも多いのです。

ちょこっとならほんの3ヶ月程度で終わることもありますので、まずは諦めずにご相談ください。そのほんのちょっとでも、口元の印象ってすっごく変わるものですよ⭐️